プロフィール

alphan

Author:alphan
FC2ブログへようこそ!

暗号ツール
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

以前、VistaのWindowsメールで迷惑メールが削除できなくなった現象を書きました。
そのときは特に何もしないで翌日に自然解消しました。

しかし、今度は丸2日経っても消えなくなってしまいました。

どうも現象的に言えることは、沢山溜まった迷惑メールを一括削除する際に、同時に素早く他のオペレーションを行うような場合に発生するようです。
たとえば削除を指示してすぐに他の部分をクリックしようとした場合などで、Windowsメール側の削除処理が終わらないにもかかわらず別のイベントを発生させてしまった場合などが想像されます。
おそらくはWindowsメール内部の排他制御などのバグで、一旦メールの内部状況が壊れてしまうとこのような現象になるのでしょう。

と言っていても始まらないので、MSからバグ修正が出るまでは自分で調べるしかありません。
そして調べ始めているうちに、3日目でなんと自然解消してしまいました。
じっくり待つと(今回は3日目で)自浄されてしまうようです。

また将来発生すると予想されますので、少し再現試験を行ってみました。

1.Windowsメールを開く
2.[ツール]→[オプション]→[詳細設定]→[メンテナンス]→[保存フォルダ]と開いて「保存フォルダ」の内容で場所を確認する。
3.エクスプローラを開いて、上記のフォルダを参照する。
4.示された「Windows Mail」フォルダ下に「Local Folders」→「Junk E-mail」とフォルダがある。
5.この中に拡張子が.emlのファイル(ファイル名部分は数字の塊)があり、実際の迷惑メールの数だけ存在する。
6.試しにこのうち1つをエクスプローラ上でゴミ箱に移動する。
7.Windowsメールでは迷惑メールの情報は残ったままなので、それを削除しようとすると「不明なエラー」が再現する。
8.先にゴミ箱に移動したemlファイルを元の場所に戻すと、エラーは解消する。

このことから、おそらく素早い操作で処理の競合が発生し、実際に迷惑メールフォルダ上のemlファイルは消えたにもかかわらず、Windowsメールが保持する迷惑メールフォルダの状況だけが残されてしまったからと想像できます。

尚、このような試験をするときは、万一に備えてメールのバックアップをとりましょう。

次回また発生したら容易で確実な復活方法がないかどうか調べてみることにします。
スポンサーサイト

コメントの一覧

コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL
→http://alphan.blog96.fc2.com/tb.php/25-90a7e9fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

前後のページの案内

バンドメンバー募集のキング 新着コールマン通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。