プロフィール

alphan

Author:alphan
FC2ブログへようこそ!

暗号ツール
最近の記事
カテゴリー
カレンダー

03 | 2008/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

月別アーカイブ
最近のコメント
最近のトラックバック
FC2カウンター

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(対象ソフト)
・SQL Server 2005
・SQL Server 2005 Express

(確認環境)
・Windows2000
・WindowsXP

(確認ツール)
・SQL Server Enterprise Manager
・Visual Studio 2005

(条件)
・IDENTITY指定(いわゆる自動採番)のカラムを持つテーブルを作成します。

(現象)
・空のテーブルにレコードを新規に入力していく時点では何も問題ありません。
 しかし、一旦レコードを登録したテーブルを開くとIMEが無効になってしまいます。
 つまり日本語データ等は入力できないし、既存の入力データの変更もできないということです。

(対処)
a.メモ帳等で日本語文字列を入力してコピペする。
b.または、一旦IDENTITYを外してデータ入力をしてからIDENTITYに指定する。
c.正式にはMSが修正パッチを出すまで待つか、SQL Server 2008 で治っているならそれを使う。

(原因)
・おそらく、日本語環境のIMEの考慮とテストがMS側で不十分であり、MSのバグとして残っていると思われます。
 MSは仕様ですとか言うのでしょうが、明らかに欠陥ですね。
 (下手にハマらないこと)
スポンサーサイト

(対象ソフト)
・ウィルスバスター2008

(確認環境)
・WindowsVista SP1

(確認ツール)
・Windows Mail

(現象)
・2008/03/20にWindowsVistaのSP1の正式公開版を当てました。
・それまでWindows Mailでメールを使いつづけてきて、設定等は昨年から変わっていません。
・ウィルスバスター2008も使い続けていました。
・2008/03/25にいきなりWindowsMailが使えなくなりました。
 アカウントは複数あり、どれに関してもサーバ・エラーになってしまいます。
 最初は例によってプロバイダでサーバが落ちたと思い、暫く放っておきましたが回復しません。
 インターネットは繋がっているのでプロバイダの障害報告を探しましたが該当する障害が無いのです!
 ん?変だぞ!
 ADSLルータやPCを再起動させても一向に改善しません。
 ふと他のWindows機でAVGでアンチウィルス対処しているマシンを使ってOutlook Expressで繋いだら全く問題ありません。
 さては、Vista SP1 あるいは ウィエウスバスター2008 がまた何かやらかしたなぁ・・・
・判明するまでの手順で詳細なログを失ってしまいましたが、やっと何とか復旧に漕ぎ着けました。

(原因)
・何故かウィルスバスター2008の「パーソナル・ファイアウォール」で、Windows Mailが無効化されていたようでした。
 ウィルスバスター2008は自動更新にしてあるので、いつ設定を変えられたのかは不明です。
 しかし、パーソナル・ファイアウォールが怪しいと考えて「プロファイルの変更」→「初期設定のプロファイルに戻す」としたら回復したのです。
 後になって「詳細設定」タブで確認すれば良かったと思いましたが後の祭りです。
 おそらく、「Windows Mail」のチェックボックスの指定が変えられていたのでしょう。
 設定変更にはパスワードをかけてありますので、私以外の人間が手動で変更は出来ません。
 いくら自動更新だからといっても設定値まで勝手に変更しないで欲しいものです。

(推察)
・VistaのSP1とウィルスバスター2008の相性は以前から怪しいとの噂があったが、まさか自分で痛い目に会うとは・・・

フリーのアンチウィルスソフトを使おうと、今までAOL で提供されている McAfee の Security Center を導入していました。
しかし、カスペルスキーの頃と比べて重く、動作もいまいちに感じていました。
もともとウィルスバスター2007が有料な上に、あまりにリソースを食うので、その対応策として色々なフリーなアンチウィルスソフトを試していたわけです。

フリーのAVGは幾つかの制約があります。
 ・1日に1回しかパターンの更新ができない。
 ・個人使用でのみフリーで使える。(商用はダメ)

しかし、以下のメリットが魅力的です。
 ・非常に軽い。
 ・メモリ使用量も少ない。
 ・Windows98やWindows2000などの少し昔のO/Sでも使える。
 ・もちろんWindowsVistaでも使える。
 ・日本語化されている。
 ・ものによっては、メジャーなアンチウィルスソフトで対応が遅れているウィルスにもいち早く対応する。

というわけで、無料版のAVGに乗り換えてみました。

なんと、本当に凄く軽くて、リソースも殆ど増加しないようです。
無料版は更新が1日に1回と言っても、毎朝PCを起動すると必ず更新がされますので、このレベルで充分かと思います。
私は1日に何度もパターン更新が必要なほどハードな使い手ではありませんので充分なのです。
また、ファイアウォール機能がありませんが、WindowsXP以降であればO/S側のファイアウォールと下手にバッティングしないので、かえって使いやすいです。

念のため、ウィルスバスター2008を1契約(3台のPCまで)だけはまだ保持していますが、もう1台のPCはAVGで充分満足しております。

前後のページの案内

バンドメンバー募集のキング 新着コールマン通販
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。